クリスマスコスプレ衣装ならここ

クリスマスコスプレとは

コスプレってなんですか?なんて改めて質問されるととても困ってしまいますよね。

 

それほどまでにコスプレという言葉が一般的になっており、特別な印象を受けないのが現状です。

 

 

生活の一部にすっと馴染んでいるようなそんな印象もありますが、コスプレというのは、コスチュームプレーの略語であることは知らない人も多いのではないでしょうか。

 

 

アニメのキャラクターや映画などのヒロインと全く同じような印象やヘアメイクをして、あたかも自分がその人物になりきった様子をコスプレと言います。

 

 

コスプレを対象にしたものは、マンガやアニメの主人公やヒーロがほとんどなのですが、季節柄クリスマスの時などには、サンタクロースの衣装を身にまとったコスプレを楽しんでいる人もいますよね。

 

 

あれもコスプレなんですよね。

 

クリスマスが近づくとまち中にサンタクロースの衣装をつけた方がすごく多くなります。

 

 

男性女性問わず多くの人がサンタクロースになりきっていますが、きっとサンタというキャラクターに憧れているのではなく、イベントそのものを盛り上げるためにコスプレをしているのだと思います。

 

 

コスプレというのは、自分とは全く違った存在になれるのですから、意外と楽しめるのです。

 

またコスプレという言葉を耳にするとすぐに秋葉原をイメージする方も多いでしょう。

 

 

メイドカフェ等がその典型的な場所で、可愛らしいメイドのコスプレをして接客している女性がたくさん仕事をしていますよね。

 

コスプレは日本特有のものだと思っている人もいますが、世界中の人が楽しんでいるコスプレは、各地でイベントも開催されるなど、大変人気なのです。

 

 

憧れのキャラクターに扮したり、好きな職業のユニフォームを着用して、あたかもその人物になりきることができますので、その時間を楽しむことができます。

 

 

コスプレは、自己表現の一つですから自分の思うがままに楽しむことはとても素晴らしい事だと思います。

 

またより完璧制を求めて、細かいところまでキャラクターに近づけるため衣装にこだわっている人もいます。

 

 

既成品だけでなく、手作りで衣装作りを行なっている人もいたりと、今後ますますコスプレ文化が盛んになってくるのではないでしょうか。

クリスマスについて

 

季節ごとに各イベントが開催されますが、1年を通してビックイベントと言えるのは、なんといってもクリスマスではないでしょうか。

 

 

12月になると色々な場所でサンタクロースの格好をしている方が多くなります。

 

男性だけでなく、女性も若い人も幅ひろい年齢層に人気のサンタクロースのコスプレは、各地でクリスマスというイベントを盛り上げるアイテムとなっています。

 

 

自分とは全く関係がないと思っていて街中でサンタの格好をしているショップの人やカップルと見かけると無条件に幸せな気分になりますよね。

 

 

心がワクワクしてくるのではみんな同じだと思います。

 

クリスマスを盛り上げてくれるサンタクロースのコスプレはもはやこの時期には欠かすことのできないアイテムだと思います。

 

 

大人も子どもの楽しめるクリスマスですが、本当の意味を知っている人は実は少ないのではないでしょうか。

 

クリスマスは、英語で、Christmasと記します。

 

 

キリストという意味のChristとミサをあらわずmassを合わせた言葉で、キリストのミサと言う意味があるいと言われています。

 

本当はとても厳粛な意味を持つ特別な1日なのですね。

 

 

その他にもフランス語ではクリスマスの事をノエルNoelと言って表し、イタリア語ではナタリNataleと言う言葉で呼んでいます。

 

言葉の表し方は全く違いますが、どちらも誕生という意味を表し、すごく神聖で特別な意味をもった1日になるというのです。

 

 

これらはすべてラテン語から由来した言葉で、ドイツでは、キリストが誕生した夜という意味を持つ聖夜Weihnachtというように表しています。

 

 

現在日本で行なっているように煙突からサンタがやっきたり、ケーキを食べたりというようなことではなく、イエス・キリストがこのように誕生した事を神聖に厳粛に祝う特別な1日であるというのが本来の意味なのです。

 

 

しかし今では、恋人や家族とその日1日を一緒に楽しく過ごすといったイベントとして存在し、それでも特別な日として迎えています。

 

 

日本では、メインの12月25日よりもその1日前のイブ、12月24日を恋人と過ごしたりすることに特別な意味を当てている人も多くなっています。